業界で活躍している卒業生の声です

〇 卒業生の声

山本さん1984年生まれ 北海道出身
大学法学部を卒業後、2007年6月A2スタイリストスクールに入校
現在スタイリストとして活躍中
作品集

―スタイリストになろうと思ったきっかけ
ファッションに興味が沸いたのは、父のオシャレに影響を受けたのが始まりだったと思います。東京に上京して豊富なモノや洋服、ブランドやショップなどに接しているうちに、沢山の知識や情報を集めたりウンチクを調べたりするのが自然と好きでしたね。だんだんのめり込むような感じで、スタイリストという職業が明確なビジョンになりました。
―スクールに入校したきっかけ
独学の知識はありましたが、スタイリストになるにはもっと深めないといけないだろうと各種専門学校を探しているうちに、就職活動の壁があることを知りました。スタイリスト事務所を探していたところ事務所が運営するA2スタイリストスクールを見つけました。現場があって短期型という点にひかれ、代表のあいざわさんから「色んな分野の現場で経験を踏んでから方向性をつかむ方法もある」と説明され、その言葉にインスピレーションを受けて入校に至りました。
―アシスタントの活動期間で印象に残っていること
スクールはあっというまでしたが、現場研修で活かせることが満載でしたね。広告、カタログ、インテリアはもちろんファッション雑誌など多くの分野に関わりました。現場は撮影スタッフの一体感で、ひとつのものを創り上げるという雰囲気です。アシスタント時代には想像以上の大変さもくじけそうになることもありましたが、それを乗り越えていく実感も満足度もあります。学べるチャンスは沢山あるので前向きに取り組む姿勢を持ち続けてやってきた時間でした。
―これからのビジョンは?
スタイリストに大事なのは人脈や情報量です。コミュニケーションの能力や営業力のすごさを目の当たりにしてきましたし、自分の足らなさを実感したこともあります。この業界は常に変化がありますし情報もどんどん変わっていきます。その変化と流行に携わる仕事としてこれからも幅を狭めずもっと成長していきたいと思っています。目指すところは、タレントさんやアーティストの御用聞きのスタイリストではなく「スタイリストありき!」という仕事を展開していきたいと思っています。

久保さん1989年生まれ 東京出身
2008年6月A2スタイリストスクール入校
中学生の頃からスタイリストの仕事を意識しはじめ服飾専科の高校を卒業し、A2スタイリストスクールに入校しました。入校前には、アシスタント説明会や見学にも参加しました。現在A2所属、先輩スタイリストとして活躍中。
作品集

―スクールで役に立ったことは?
高校生活で色んなタイプの洋服好きな人達に囲まれ、かなり影響を受けたこともあって、スタイリストを目指す気持ちが芽生えました。現場に近いA2スタイリストスクールに迷うことなく入校し、授業をスムーズに受け入れることができました。現場が近くなってきたという実感が沸いてきて不安だけどワクワクした気持ちでした。中でもアシスタントとしての役割やポジション、現場の説明の授業は直接スタイリストさんから聞けたのでとても役に立ちました。
―研修期間で学習できたこと
スタイリストさんによって違いがあると知りました。分からないことは何でも素直に聞きました。コミュニケーションも大事で「ほうれんそう」の3原則は本当に大事だなあと思います。研修期間では、強い精神力がついたし、相手のことを考えたり、先輩の優しさに触れたり、仕事のこなし方などが吸収できて人生の中で一番成長した期間だったと思います。
※「ほうれんそう」→報告、連絡、相談
―スタイリストアシスタントとして現場で求められること
現場では、謙虚でいながら積極性が求められると思います。撮影全体の流れを知ったり、自分もチームの一人なので動きに置いていかれないように次の行動を知っておいたり、先手を考えたり、アシスタントにしかできないポイントをつかむように努力しています。
―スクール生の皆さんへ
今しか出来ないことなので何でも興味を持って欲しいと思います。自分の好きなテイストでない現場もありますが、何でも吸収する態度や前向きに取り組む姿勢が必要だといます。新人でいる間は、自分で気づかないことがとても多いので「素直な気持ち」を持って臨んでください。それが結果的に自分に返ってくることだと思います。
―今後の目標や活動について
ムービー、CM、映画などの方向性を目指しています。でも今は人間性を高めて自分の世界観を作ることや、作品撮りの活動を時間のある限り行っていきたいと思っています。

中村さん(女性)1987年生まれ 埼玉出身
2010年大東文化大学卒業後、A2スタイリストスクール入校
現在は、A2所属の先輩スタイリストとして活動中。指名も多く、雑誌や広告、カタログ等の媒体で活躍中。
作品集

―スクールの授業を受けて
4年生の大学を卒業すると同時に入校しました。1ヶ月という短期間でしたが、同じ夢を目指す仲間と勉強ができて毎日充実していました。洋服に関しての知識はほぼなかったので最初は戸惑いもありましたが、一つ一つのことを分からないままにぜず、しっかりと向き合った期間でした。全てを含めてスクールで学んだことは今に繋がっています。
―授業で印象に残ったことは?
スタイリストはファッションのことだけに目を向けるのではなく、どんな人ともコミュニケーションが取れること、空気が読めること、臨機応変に行動できることと、何より自分をしっかり持つことが大切だと授業全般を通じて感じました。
―アシスタントとして求められることは何ですか?
しっかりと現場を把握することが求められていると思います。頼まれたことをこなすのは勿論ですが、現場全体を見ていれば次の次に必要な行動も分かってくるからです。目の前のことだけに囚われず行動にすれば自分自身も楽だと思います。そしてやはり「ほうれんそう」です。自分の判断で行動して良い場合もありますが、勝手に行動できない時もあります。どんな時でも自分の意見をしっかり伝えることが大切だと思います。
―今後の目標にしていること
日々初心に戻りながら、より丁寧に仕事をこなせるように、自分で限界を決めずに、何事にも挑戦していくことです。

杉本さん1987年生まれ 徳島出身
2012年6月A2スタイリストスクール入校
某アパレルの管理部門職から転職。2012年6月に入校。スタイリストを目指して幅広く肉厚なスキル習得中。

-スクール1ヶ月間はどんな期間でしたか?
私にとってスタイリストとしての基礎を知る1ヶ月でした。スクールで学んだ裁縫やアイロン、靴の底張り等は今でも現場で毎日することなので、スキルとして大事だと実感しています。また物撮りの実習は現役スタイリストさんに指導してもらいましたので、とても役に立っています。
―研修で得たことは?
研修開始の頃は右も左も分からない状態でしたが、撮影の一環した業務(リサーチ→アポ入れ→リース→ピックアップ→撮影準備→撮影→返却準備→返却)に携われたことがベースとなりました。
現場において、段取りや状況把握はとても重要なことです。撮影の流れが把握できていることで、作業の優先順位が付けられるようになって、スムーズに進められるようになりました。
―現場で求められることはどんなことですか?
お仕事を円滑に進める上で、礼儀、マナー、気遣いは必要だと思います。現場には、カメラマン、スタイリスト、モデル、クライアント等、いろんな方々がいらっしゃいます。挨拶をきちんとしたり、現場にいる全員が仕事がやりやすくなるように気遣ったり、場を盛り上げたりすることも、とても重要なお仕事の1つだと思っています。
―今努力しているこは?
現場に出れば毎日のようにありますが、諦めるのではなく、できないことや足りない部分を1つずつ解決していくことを心がけています。
アシスタントとして活動していてもスタイリストとしての勉強は 始まったばっかりで足りない部分もまだたくさんあります。MAXXで働いている現在も、着物の着付けの学校に通っています。
―現場(もしくはお仕事)の魅力は?
私にとっての一番の魅力は、現場に携わる人全員で一つの物を一生懸命作っているところです。大変な現場もたくさんありますが、全員が真剣で一生懸命な現場はどんなに大変な状況でも、またこの方達と一緒に仕事がしたい、と思うので、その気持ちを大切にしています。
―これからスタイリストを目指す人たちにメッセージをお願いします
スタイリストを目指す際に、みなさんは自分がどんなスタイリストになりたいのか、どんな媒体で活躍されたいのかを具体的に考えていらっしゃいますか?
正直、私は全く分からないまま始めました(笑)そんな私ですが、入社していろんな媒体のお仕事に行かせて頂いて、まずどんな媒体があるのか、私はどんな媒体が好きで得意なのか等が分かってきました。迷っているなら、まずは始めてみることだと思います。スクールや研修中は、実際に現場で活躍されているスタイリストやア シスタントにも会えますのでいろんなお話も伺えるかと思います。迷っている方にこそ、スクールや研修を始めることをオススメします!