a2sc

a2sc
a2sc
  • Ryosuke Kimishima

    君島涼輔

    assistant

    アシスタント

    profile

    1992年生まれ
    大学卒業後、2015年4月A2スタイリストスクールに入校
    現在、A2所属のスタイリストアシスタントとして活躍中。

    ―スタイリストを目指そうと思ったきっかけと時期

    正直これといったきっかけは無いのですが、高校3年生の終わり頃にファッションに興味を持ち始めて、大学の4年間で完全にはまりました。
    自分のセンスがコーディネートという目に見える形になるのが凄く楽しくて、毎日色々なコーディネートを考えていました。
    これが仕事にできたらいいなと思い大学3年生の時にスタイリストになろうと思いました。

    ―スクールでの1カ月間の感想

    スクールではファッションの歴史、Styling Map、デザイン画、物撮り、衣装制作、実技など幅広く学べるカリキュラムになっていて、毎日飽きることなく勉強することができました。
    また講師の方々も現役で活躍されているスタイリストさんなので、現場にでてからすぐに役に立つアドバイスをたくさん頂き、とても為になる1ヶ月間でした。

    ―スクールで学んだことがアシスタントになっていきたこと

    たくさんありますが、主に実技の授業で学んだことはどの現場に行っても役に立っています。アイロンがけ、靴の底張り、裾上げ、ボタンつけなど現場に出てしまえば一から教えてもらえる機会がほとんどないので、スクールで学んでおいて本当に良かったなと感じます。

    ―現場で求められていること

    気遣いと撮影の流れを把握すること。
    スタイリストさんはもちろんモデルさんやクライアントさんなどに対してもしっかりと気を使えること、撮影の流れを把握して先回り先回りで行動し、スムーズに撮影が進むようにアシストすることが大事かなと思います。

    ―これからスタイリストを目指す人たち、入校を考えている人たちへ

    服飾の学校を卒業していなくても、アパレルの経験がなくてもスタイリストを目指すことができます。僕も未経験からのスタートでした。そのような方のためにスクールがあります。もし今スタイリストを目指すかどうか迷っている方がいるなら、スクールだけでも受けてみてください。どんな仕事なのか、どんなことをするのか。みなさんが思っている以上にたくさんの媒体があります。迷っていても何も始まらないので思い切って一歩踏み出してみましょう。